自分の子供が自慢話ばかり!その心理とは?

自信に満ちた子供

子供が自慢話ばかりしていて困っているということはありませんか?子供が自慢話をするということは、一体どういうことなのでしょうか?

子供が自慢話をしてしまう心理や、過剰な自慢話をやめさせる方歩についてご紹介します。

スポンサーリンク

自慢話をする子供の心理1.褒めて欲しい

自慢話をする子供の心理の1つ目は、ママに褒めて欲しいという気持ちからです。普段から子供のことを褒めてあげていても、子供が満たされる量は人によって違います。褒めて欲しいと思っている子供は、自分に対する愛情不足を感じている可能性があります。

普段あまり褒めてくれないような母親には、特に自慢話をして気を引かせようとしています。親が子供に接している態度で、子供が物足りないと感じていいった行動に出ます。

中には褒めて欲しいあまり、嘘までついてしまうような子供がいます。普段の接し方に問題があるかもしれないので、1度振り返ってみましょう。

自慢話をする子供の心理2.プライドが高い

子供の性格は大体3歳くらいまでで出来上がると言われています。だからこそ3歳過ぎるとその子供の性格がだんだんとわかるようになってきます。小さい子供でもプライドが高いという性格になっている子供も中にはいます。

親よりも友達にばかり自慢話をするような子供は、負けず嫌いでプライドが高い傾向があります。誰にも負けたくない。自分が1番でなきゃ嫌だ、というような性格になってしまうと、自慢話ばかりをするようになってしまいます。

自慢話をする子供の心理3.愛がたりない

自慢話ばかりをする子供の中には、愛情不足を感じて友達に自慢をする子供がいます。これは家でほとんど愛情を感じられずに、その代わり物ばかりを与えられるようになった場合に、周りに自慢することでその間にある虚無感を埋めようとします。

愛情が本当は欲しいのに、それがなかなか手に入らないからこそ、友達に羨ましがられることで、自尊心を保とうとしているのです。

スポンサーリンク