子供の夢が大きすぎる場合はどうする?良い方向に導く方法

ソファーから飛ぼうとする子供

子供に夢があるのはとても良い事です。しかし、その内容によっては親も同反応したらいいのかわからないこともありますよね。

子供の夢がどうしても大きすぎる場合は、同意したらいいのでしょうか?子供がいい方向へと行くための導き方についてご紹介します。

スポンサーリンク

夢が大きすぎるとどうなる

子供の夢が大きすぎると、目の前のことが見えなくなってしまいます。例えば、医者になるという夢を持ったとしても、まずは大学に受からなくてはいけません。余りにも大きすぎる夢だと、目の前のことに対する努力が、できなくなってしまうこともあります。

先のことばかりに目をとられてしまうと、うまくいかなくなってしまうことがあります。夢を持つということは良いのですが、現実離れしすぎた内容の夢では、悪影響を及ぼすことにもなりかねないということなのです。

大きな夢はかなわないと言った方が良いの?

あまりに大きすぎる夢を持った子供に対して、まずそれは叶わないよ、と言った方が良いのでしょうか?それは少し違うかもしれませんね。物理的になれない物は別として、それ以外に否定するのは良くありません。

その夢が大きかったとしても、叶わないという保証はどこにもありません。だからこそ、絶対に叶わないとは言ってはいけません。

もしかしたら叶うかもしれなかったことをあきらめてしまうことにも繋がるからです。マイナスな感情で夢をあきらめさせるのは、あまりよくないので、やめた方が良いでしょう。

大きすぎる夢をかなえている人もいるので、無理矢理あきらめせるような事はしなくても大丈夫です。

大きな夢は他のことに変換する

大きな夢を持っている子供は、これからもしかしたら目の前のことができなくなってしまうかもしれません。そういったことがないようにするためには、まずは大きな夢を具体的にして変換していきましょう。

例えば野球選手であれば、野球を習うというところから始めなくてはいけませんね。それが終わっているのであれば高校受験や大学受験に向けて頑張るという目標を作ってあげるようにしましょう。

スポンサーリンク