子供本位の生活はいつまで?ひと段落する瞬間とは

段ボールを運ぶ子供と見つめる両親

子育てをしていると、本当に毎日くたくたになりますよね。そんな中でいつ子育てに終わりが来てくれるのか、待ちわびてしまうところもあるはずです。

子供に密着した子育ては、いつまでにした方が良いのでしょうか。子供との距離の近い子育ての期間についてご紹介します。

スポンサーリンク

小学生はまだ早い

子育てがひと段落する段階としては、小学生のうちはまだ早いです。小学6年生でも心配で1人にさせられないという人もいるほどですから、小学生のうちにひと段落とは言えないかもしれませんね。

小学生は実際に1年生から6年生までに、目まぐるしい変化を見せることになります。そういった時期ではありますが、まだ1人で何かをできるかというと、まだ危なっかしい部分がありますよね。小学生の段階で、段々と家よりも外が好きになって、友達と遊ぶ回数も増えていくはずです。

そういったことを何度か見ていくうちに、自分の中で子離れの準備段階に入っていけるかもしれません。小学校高学年に入ったら、少しずつ自分でできる事を増やしていきましょう。

中学生に入ったら密着しなくていい

子供が中学生に入ったら密着する必要はほとんどありません。この頃の子供は思春期に突入するということもあり、気持ち的にも難しい時間を過ごすことになります。そうなると本当に大変なので、少しでも距離感を保った方が良いかもしれません。

子供がだんだんと親離れしてくる時期でもあります。家にいることよりも、友達と一緒に色々な事をする時間が楽しくて仕方なくなります。

その時間を大切にするあまり、なかなか家族との時間は少なくなってしまうかもしれません。そうなったとしても、あまりしつこく引き留めると、本当に嫌われてしまう可能性があります。

それはさすがに嫌だと思うので、この時期には子供が今日何をしていたのか、週に1度は一緒に遊びたい、というような親の考えは少なくしていかなくてはいません。

スポンサーリンク