ずっと忘れない素敵な思い出に!子供に見せたいディズニー映画

仲よくテレビを鑑賞する家族

小さな頃から優しい心を育むためには、様々なものを見て、感じる必要があります。幼少期に感じた気持ちは、大人になってからも忘れませんよね。特に映画からは様々な「気持ち」を読み解くことができます。

今回は「ずっと忘れられない思い出になる、子供に見せたいディズニー映画」を、お家でゆっくり見ることができるように、DVDと合わせてご紹介します♪

スポンサーリンク

主人公と心がリンクしやすい「トイストーリー」

トイストーリーは小さな男の子が持っている「おもちゃ」の世界を舞台にした映画です。この映画を見たお子さんは、「人間の見ていない世界で、本当におもちゃたちが動き回っているかもしれない!」と想像力が働きますね。

また、この映画には「物にも心が宿っているから、自分のおもちゃを大切にしようね」というメッセージが込められているように思えます。

おもちゃたちの愉快な動きに、お子さんでも飽きずに見られるのではないでしょうか?大人が見ても感動できる作品ですよ!

大切なものが何かを考える「モンスターズ・インク」

「子供の悲鳴」を集める会社に勤めているモンスターのサリーとマイク。会社の中でも、成績がトップクラスの二人組ですが、ある日1人の少女「ブー」に出会ったことからその地位は落ちていってしまいます。

モンスターズインクの世界では人間は存在してはいけません。マイクやサリーも始めの頃はブーのことを怖がったり毛嫌いしますが、ブーの素直な性格と天真爛漫な姿に段々と惹かれていきます。

最後に2人が「本当に大切なものは何か?」という質問に答えを出しています。この映画の良いポイントは「子供でもわかりやすい表現がたくさん使われている」というところです。

特に存在しないはずのモンスターたちの表情から、喜怒哀楽を察する能力の練習にもなります。今も昔も子供から大人まで大人気な映画です♪

親子の大切さが分かる「ファインディング・ニモ」

主人公はオレンジと白の縞模様が可愛らしい「カクレクマノミ」の親子です。唯一生き残った大切な息子のニモの初登校日、父親のマーリンは心配ばかりしています。

スポンサーリンク