子供の手足口病は周りにうつる?初期症状や注意点

ブツブツのできた手

夏になると乳幼児を中心に流行る手足口病。ヘルパンギーナ・プール熱と並んで三大夏風邪のひとつと言われています。

ここ数年で急増しており、最近では冬には流行ることもあります。ウイルス感染する風邪なので早目に気づくことは大切です。今回は手足口病の初期症状やケアについてまとめてみます。

スポンサーリンク

手足口病の症状とは?

手足口病の症状は、発熱・水泡などが一般的です。発熱は約1/3程度の人に38度以下の微熱がみられますが、全く発熱しないこともあり、その他の症状が出てはじめて気が付く場合もあります。

水泡は、病名の通り「手」「足」「口」に表れやすいとされていますが、おしりやひじなど、他の場所に出ることもあります。食欲が落ち、「口が痛い」と子どもが言ったことがきっかけでわかる場合もあります。

水疱は水疱瘡の水疱とは違って、化膿することもなければ、かさぶたになって治ることもありません。熱は2〜3日で下がり、発疹も3〜4日で水疱が吸収され、アメ色に変化して治ります。

手足口病のほとんどは痕を残さず自然に治ってしまいます。手足口病のその他の症状としては、下痢・嘔吐、39度以上の高熱、鼻水・咳など、他の風邪と見分けがつかないような場合もあります。

ごくまれに重症化することもあるので、急な高熱や嘔吐、けいれん、意識がもうろうとするなどの症状があれば、すぐに受診してください。

気を付けることは?

手足口病と診断が出ても、残念ながら特効薬はありません。基本的に時期がくれば自然に治る病気なので、特別にしなければいけない治療はありませんが、痛みや痒みを伴う場合は子どもの機嫌が悪くなったり、口内炎が悪化すると水分や食べ物を摂れず脱水症状の危険もあります。

こまめな水分補給に加えて、なるべく食事からも栄養をとるようにしましょう。飲み込みやすく消化のよいおかゆやうどん、お豆腐・ゼリーなど、刺激の少ないものを常温で与えるのがよいでしょう。

感染する病気なので、周囲への配慮も必要です。通園・通学に関しては、保育園や幼稚園、小学校の方針に従うようにしましょう。筆者の息子の園では、医師の登園許可が必要とされています。

感染経路は?

手足口病の原因となるウイルスにはエンテロウイルス71やコクサッキーウイルスA16などが知られています。しかし、手足治病の原因となるウィルスは分かっているだけでも10種類以上あるため、何度もかかってしまう場合もあります。

スポンサーリンク