妊婦だけど入りたい!妊娠中の温泉はOK?注意点とは?

温泉に入る女性

妊娠中は赤ちゃんの成長のために様々なことが制限されてしまいますが、妊娠中は温泉に行ってもいいの?という疑問を抱いている方も多いのでは?温泉好きな方にとって、妊娠中に温泉に行けないとなると非常に辛いところですよね。

実際温泉には赤ちゃんに与える影響はあるのでしょうか。そこで、妊娠中温泉に行く際の注意点をまとめてみました。

妊娠中に知っておくべき情報をご紹介致しますので、是非最後までお読みください。

スポンサーリンク

妊娠中は温泉に入ってもいいの?

妊娠中の温泉は、2014年までは温泉法で推奨されていませんでしたが、最近になって医学的に問題ないことが明らかとなり、現在は温泉法でそうした決まりはなくなりました。

妊娠中の温泉がお腹の中の赤ちゃんに与える影響はなく、基本的に妊婦さんが温泉に入ってはいけないという理由はありません。

とはいえ、妊娠中は体調の変化が起きやすいこともあるので、様々なことに注意を払う必要があります。では、妊娠中に温泉に入る際の具体的な注意点をみていきましょう。

妊娠初期の注意点とは?

妊娠初期は、流産の危険性があることから、できるだけ安静に過ごす必要があります。温泉に入ることは妊娠初期でも問題ありませんが、温泉旅行など、母体への負担が大きいことは出来るだけ避けることをおすすめします。

それと同様に、妊娠後期は破水などの心配があるので、温泉に入ること自体避けるべきと言えます。

急な体調の変化があった場合、従業員や周りのお客さんにも迷惑がかかるので、禁止されていないとはいえ妊娠初期や妊娠後期にはなるべく温泉へは行かないようにしましょう。

妊娠中温泉に行った際の注意点とは?

妊娠中温泉に行った際には、様々なことに注意を払う必要があります。温泉の床は滑りやすい場合があるので、転ばないよう気をつける、暑すぎるお湯は避ける、のぼせないよう長風呂はしない、などのことには特に気をつけましょう。

スポンサーリンク