平均的な身長・体重は?生後8ヶ月の赤ちゃんの発達や特徴について

カメラを見つめる赤ちゃん

赤ちゃんの成長はあっという間ですよね。特に生後8ヶ月の頃は、ハイハイ、つかまり立ちなど、目に見える成長が目まぐるしい時期と言えます。そのため、注意しなければならないことも増えることで、お母さんの体力が必要な場面もおおくなります。

そんな生後8ヶ月の赤ちゃんの発達をまとめてみました。赤ちゃんの成長には個人差がありますが、子育ての参考になる情報をご紹介致します。

スポンサーリンク

生後8ヶ月の赤ちゃんの平均的な身長、体重は?

生後8ヶ月の赤ちゃんの平均身長は、男の子の場合で66cm~76cm、女の子の場合で64cm~72cmと言われています。

平均体重は8kg~10.2kgですが、性別や体質によって個人差があり、それより若干軽い、重いといった違いがあっても問題ないと言われています。

母乳やミルク、離乳食など、それぞれ違いがあって当然。そのため、具体的な数字より、成長曲線が重要となるため、バランス良く成長していることが大事。

では、生後8ヶ月の赤ちゃんの発育や特徴についてみていきましょう。

生後8ヶ月の赤ちゃんの特徴とは?

生後8ヶ月の頃には、人見知りをするようになる赤ちゃんが多くみられます。早い場合で生後6ヶ月頃から始まると言われている人見知りですが、8ヶ月の頃から始まる場合も多いことで知られています。

人見知りが酷い場合、お母さん以外の人と接する際に泣く、お母さんから離れないなどの状態が続きますが、成長とともに徐々に改善されていく場合がほとんどです。

しかし、生後8ヶ月を過ぎてから酷くなりピークを迎えることが多いので、この時期の人見知りに悩まされるお母さんが多いようです。

人見知りも赤ちゃんの成長の一環なので、焦らず様子をみることをおすすめします。

ハイハイが出来るようになる

それまではお腹を床につけた状態でずりばいをしていた赤ちゃんも、生後8ヶ月の頃になるとハイハイが上手になります。

スポンサーリンク