妊娠中に眠くなる原因と効果的な対処法とは?

居眠りする妊婦

妊娠中は酷い眠気に襲われる、ということはよく聞きますが、仕事をしている妊婦さんにとって眠気は非常に困りますよね。いったいなぜ妊娠中は眠くなるのでしょうか。眠いからと言って寝てばかりいたら、赤ちゃんに影響はないのでしょうか。

そこで、妊婦さんの悩みや不安を解消するために、妊娠中に眠くなる原因と効果的な対処法をご紹介します。そこには意外な事実が隠れていました。

スポンサーリンク

妊娠中に眠くなる原因とは?

妊娠中に眠くなることには、時期によって異なる原因が存在します。妊娠初期は、プロゲステロンという女性ホルモンの分泌が眠気に大きく関係しています。

プロゲステロンには基礎体温を高める働きがあり、体がだるい、眠い、などといった症状を引き起こします。そのため、妊娠初期にはよく風邪のような症状が出ると言われていますが、それはプロゲステロンが原因と言えます。

プロゲステロンが原因の眠気は、妊娠12週~16週には落ち着くのが一般的です。しかし、妊娠中期になるとまた別の原因の眠気が引き起こります。

妊娠中期の眠気の原因とは?

妊娠中期になると、プロゲステロンの分泌による眠気は妊娠初期に比べ落ち着きます。しかし、プロゲステロンの増加は続くので、眠気がなくなることはありません。

さらに、お腹が大きくなってくると体力的に疲労が出やすいことから、妊娠初期同様に眠気が引き起こることが考えられます。

妊娠初期につわりがあった方の場合、つわりがなくなり食欲が戻ると、食後は特に眠気が酷くなることも。

妊娠中期までの眠気にはプロゲステロンが関係していますが、妊娠後期になるとまた違った女性ホルモンの影響で眠気に繋がると言われています。

妊娠後期の眠気の原因とは?

妊娠後期になると、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が増加します。

エストロゲンには眠気を抑える効果があるため、寝つきが悪くなることから、妊娠後期になると夜うまく眠れないという方が非常に多くみられます。その結果、睡眠不足になり、日中眠気が取れないということが考えられます。

スポンサーリンク