妊娠中の法事は縁起が悪い?出席する際の注意点とは?

仏壇周り

妊娠中に法事に参加すると縁起が悪い、といった言い伝えを聞いたことはありますか?いくら妊娠中とはいえ、身内の法事となると欠席するわけにはいきませんよね。では、なぜ妊娠中の法事は縁起が悪いと言われているのでしょうか。

そこで、妊娠中の法事における注意点と、縁起が悪いと言われている理由についてまとめてみました。妊娠中の不安を解消することに繋がる情報をご紹介しますので、是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

妊娠中の法事への出席は縁起が悪い?

妊娠中に法事に出席すると縁起が悪いという言い伝えがありますが、実際そのようなことはありません。むしろ、法事とは亡くなった人を祀るための善行な儀式なので、縁起が悪いはずがないのです。

しかし、年配の方の中には妊娠中の法事は縁起が悪いと言う方が多くみられます。実際そうした言い伝えには、妊娠中の法事への出席における不安が関係しているようです。

妊娠中の法事が縁起が悪いと言われるようになった理由とは?

妊娠中の法事が縁起が悪いと言われるようになった理由として、法事は時に妊婦さんの体への負担があることが考えられます。

法事は長時間正座をしなければならないので、お腹が大きい妊婦さんにとっては体に負担がかかってしまうことも。

さらに、法事の際には女性が手伝わなければならないことが多い場合があります。そうした体への負担があることから、妊娠中の法事は避けるべきという考えに至ったのでは、と言われています。

しかし、実際妊娠中に法事に出席しなければならないことは珍しくはありません。では、そうした際にはいったいどのようなことに注意すべきなのでしょうか。

妊娠中の法事で注意すべきこととは?

妊娠中に法事に出席する際には、体調の変化には最新の注意を払う必要があります。実際お経を読んでいる間に体調が悪くなっても、なかなか言い出せないという場合が考えられます。そうした場合を想定し、事前に周囲に体調が悪くなった際のことを相談しておくことをおすすめします。

そうすることで、いつでも休める環境を作ると、無理せず法事に出席することが出来ます。

スポンサーリンク