ベビー用品購入時の基準オーガニックコットンの落とし穴

ブランケット

ベビーへの衣服やブランケットなどを購入する際は素材や製造過程にもこだわりたいもの。そしてその基準となるのがオーガニックコットン。

なんとなく肌に良さそうで高級感がありベビーに最適と多くのママたちが選びます。でも詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか?今回はオーガニックコットンの真実に迫ります。

スポンサーリンク

オーガニックコットンとは?

オーガニックコットンとは農薬や化学肥料を3年以上使っていない土壌で、農薬や化学肥料を使わないもしくは厳しい基準を守って栽培されたコットンいわゆる綿花のことを指します。

普通のコットン栽培にはたくさん殺虫剤や除草剤の力を借りており、栽培時に一番多く農薬を必要とする農作物はコットンと言われるほど大量に使われています。その結果少しでも安い商品を大量に販売することができるわけです。

一方オーガニックコットンは農薬に頼らないことで栽培者さんが手間と時間をかけて育っています。栽培者さんの愛情がかかった分値段にも差がでます。

オーガニックコットンの認証基準は?

農薬が使われているかどうかコットン自体での判断は難しいと言われているため、栽培過程を認証機関が検査することで区別化しています。検査をパスしたことではれてオーガニックコットンと記載できるようになります。

そして驚くことに日本ではオーガニックコットンは栽培されていません。主な栽培地はインドやアメリカ、近年はアフリカなどでも栽培が進んでいます。よってオーガニックコットンと記載されていてもコットン自体は外国産となるわけです。

オーガニックコットンの落とし穴①

オーガニックコットンがベビー用品として好まれる理由は、繊細なベビーの肌にも優しいとの印象が強いことにあります。では本当にオーガニックコットンは肌によいのでしょうか?

実は普通に栽培されたコットンも製造過程に洗浄することで農薬の残量はごくわずかになり、製品になってしまえばオーガニックコットンでも普通のコットンでも大きな差はありません。

また普通に栽培されたコットンとの混合でもオーガニックコットンと記載することが可能で、特に何%以上混ぜなければいけないとのルールもありません。

オーガニックコットンの落とし穴②

先にも述べたようにオーガニックコットンの認証はあくまでコットンの栽培過程で判断され、その後の製造過程はノーチェックです。

スポンサーリンク