泣けばいいと思っている子供をどうする?原因と対策

泣く子供

子供が思い通りにならないことがあったときや、怒られそうになった時に泣いて済まそうとする子供っていますよね。そんな時親としてはどう対応した方が良いのでしょうか?

子供が泣けばいいと思っている部分をなくすために、した方が良い親の行動についてご紹介します。

スポンサーリンク

泣けばいいと思っている原因

子供が泣けばいいと思っている原因は、できるだけ怒られたくない、得をしたいと思っているからです。過去にもしかしたら、そういったことで許してしまった記憶はありませんか?そのせいでもしかしたら、泣いて済まそうとしているかもしれません。

子供はどうしても自分に都合のいいように解釈しようとするので、怒られないためには泣けばいいと心のどこかで思っている可能性があります。

子供はそういった記憶を忘れずに覚えておくものです。だからこそ、都合のいい時にだけ泣こうと考えてしまうのです。本当に涙が出ている場合もありますが、出ていない嘘泣きをしている可能性もあります。

泣くことで得をしたいと考えているので、自分に都合のいい時に涙を流すような習慣がついてしまっています。

このまま育ったらどうなる?

子供がこのまま都合のいい時にだけ泣く子供に育ってしまったら、どうしますか?子供にとって本来あまりいいことではありません。このまま都合のいい時にだけ泣くような子供は、将来的にどうなってしまうのでしょうか?

こうしたクセが付いてしまうと、都合の悪い事があると逃げるような性格のまま育ってしまいます。

子供は小さい頃の性格が大きくなってからほとんど変わることはないと言われているので、もしかしたらこのまま成長すると、同じように都合の悪い事から逃げようとする大人になりかねません。

スポンサーリンク