友達の悪口を言う子はどうすればいい?親としてできること

内緒話をする子供

子供が小学校くらいになると、だんだん友達に対する好き嫌いもはっきりしてきますよね。子供が友達の悪口を言っているのを聞くと、親としてはこのままで大丈夫だろうかと悩んでしまうところです。

子供が友達の悪口を言った時に親としてできることについてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

子供が友達の悪口をいう原因

子供が友達の悪口をいう原因としては、自分の考えが合っているかどうかを確かめるためです。子供にとってまだ世の中の善し悪しについて理解しきれていない所があります。

そこで、人生の先輩でもある親に、友達の悪口を言って、それが本当に友達が間違っているかどうか、自分に賛同してくれるかどうか、というように確かめたいと思っているのです。

その友達のことが嫌いだからそういっているのではなく、まだそれがわからない状態で、悪口を言っている可能性があります。子供にとっては、意見を求めているので、イエスかノーかで答えて欲しいと思っています。

他にはあまりにもショックだったからこそ、親に慰めて欲しいと思って悪口を言っている場合があります。そういった場合は、本当に子供が傷ついている時もあるので、そこで間違った対処法をしてしまうと、心の傷がさらに広がってしまう可能性があるので、そこを慎重に見極めるようにしましょう。

子供が悪口を言ってきた時の注意点

子供が悪口を言ってきた時に、注意しなくてはいけないことは、同調して悪口を盛り立てないということです。子供にとって悪口というのは、嫌いだから言うというものばかりではありません。

大人とはちがい、親に悪口を話すということは、親だからこそ言っているという節があります。

友達には言えないような事でも、親になら言えると思って言っているので、特に子供がその友達のことを嫌いじゃないとしても、親が盛り立てることによってその友達がさらに悪者になってしまう可能性が出てくるので、注意しましょう。

スポンサーリンク