妊婦さん必見!妊娠時の旅行の際に気を付けるべきこととは?

荷造りする妊婦

妊娠時に旅行に行きたいと考えているママも多いでしょうが、妊娠時の旅行にはいくつか注意点があります。お腹の中の赤ちゃんのためにも、妊娠時に気を付けるべきこととはいったいなんでしょうか?

また、旅行に行くのはどのようなタイミングが一番ベストなのでしょうか?本日は妊娠時との旅行、マタ旅について考えてみましょう。

スポンサーリンク

旅行は安定期後

妊娠初期は不安定で流産をしやすい時期でもあります。そのため旅行に行くには大変危険ですよね。さらに妊娠初期で気を付けたいのが悪阻です。今までの生活ではなんてことなかったとしても、移動中に急に悪阻を感じてしまうこともありますし、食べ物などで悪阻を引き起こすこともあります。

妊娠初期はどうしても体調も不安定になりますから、旅行に行くなら体調と相談をしながら安定期に入ったタイミングで考えるようにしましょう。具体的な時期でいうと、妊娠中期である妊娠16週以降を目安に考えるようにしましょう。

ただし、安定期に入れば流産のリスクが下がると言われていますが、下がるというだけで完全にゼロとなるわけではありません。普段の生活環境や健康状態によって変わってきます。ぜひ旅行に行く時期は体調と健康状態を考えて決めましょう。

なるべく近場

妊娠している状態の移動は体に大変負担になります。そのためできれば旅行に行くなら近場の旅行先を考えるようにしましょう。家から2~3時間以内くらいが理想的です。

なるべく近場で旅行を済ませれば移動時間が短くて済みますし、何よりも緊急事態が起きても比較的すぐに病院へ行くことができます。

さすがに臨月で旅行に行く方は少ないでしょうが、出産とはいつなにがあるのかわかりませんので、妊娠中の旅行はなるべく近場で済ませるようにしましょう。

臨月は避ける

妊娠後期に入るとお腹も張りやすくなりますし、体重もグンと増えて動きづらくなります。そのため旅行にはあまり適していないのです。

スポンサーリンク