妊娠中に薬は飲めない?漢方薬がいい?妊婦さんの花粉症対策

鼻をかむ妊婦

妊娠してから花粉症になった、あるいは花粉症がひどくなった…などと妊娠を期に身体が変わってしまうことがあります。つわりや体重のコントロールなど出産に向けて色々と変化する中で花粉症まで重なってしまうと大変ですよね。

また、妊娠中に薬を服用していいのかも気になります。今回は妊婦さんのための花粉症対策についてまとめてみます。

スポンサーリンク

花粉症とは?

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。どの植物の花粉が花粉症を引き起こすかは人それぞれで、スギ・ヒノキの他にも約60種類以上の植物の花粉がアレルゲンになります。

季節的に発症する人もいれば、アレルギー性鼻炎やアトピー・喘息のように通年を通して症状が出る人もいます。アレルギーが起こる原因と密接な関係があるのが「IgE抗体」です。身体が異物を過剰に排除しようとする結果、IgE抗体が増加し、一定量を超えると花粉症の症状が出てきます。

よく「花粉症は突然なる」と言いますが、毎年花粉に触れているうちに抗体は増え、今年は大丈夫でも来年は発症する…といったことが考えられるのです。

花粉症による胎児への影響はある?

ただでさえ不快な花粉症ですが、毎年患者が増えていく中で、花粉症に悩む妊婦さんも多いのではないでしょうか。

一番心配なのは胎児への影響です。花粉症が直接胎児に与える影響はありませんが、花粉症によって薬を服用するリスクや、くしゃみが多くてお腹に力が入ってお腹が張りやすくなってしまう…などの二次的な影響は考えられます。

また、親がアレルギー体質だと、子どももアレルギー体質になりやすいといった遺伝的な要素はあるでしょう。

妊娠中の薬の服用について

妊娠したらアレルギー症状がひどくなった、あるいは今まではひどかったのになおった…など妊娠を期に体質が変わるというのはよく聞く話です。なおればもちろんよいのですが、ひどくなってしまった場合は対処が必要です。

一番気になるのは薬の服用についてだと思いますが、妊娠16週目までは赤ちゃんの重要な臓器が作られる時期なのでなるべく薬の服用は避けましょう。

目薬や点鼻薬については赤ちゃんに与える影響はほとんどないとされていますが、眼科や耳鼻科では妊娠中であることを伝え、適切な処方をしてもらってください。市販品を自己判断で服用することは控えた方がよいでしょう。

漢方薬は?

漢方薬は即効性があるような薬ではなく、効き目が徐々に表れる、体に負担の少ない、副作用の影響があまりない薬と言われています。妊娠中は漢方薬の方が安全な気がしますが、実際はどうなのでしょうか。

花粉症で処方される有名な漢方に「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」がありますが、下記サイトによると妊婦さんにはNGとされています。

スポンサーリンク