妊娠中に親知らずを抜歯しても大丈夫?麻酔は打てる?

歯が痛そうな女性

妊娠中はホルモンバランスの影響で口内環境が悪くなりがちです。虫歯や歯周病だけでなく、急に親知らずが痛み出すなんてことも…。妊婦さんが親知らずの治療を受けることはできるのでしょうか。

最も気になることは麻酔や薬の服用、レントゲンによる胎児への影響です。今回は妊娠中の親知らずの治療方法についてまとめてみます。

スポンサーリンク

妊娠中に親知らずが痛むのはなぜ?

妊娠中はできるだけ歯科治療は避けたいのに、急に親知らずが痛くなってしまったという妊婦さんは意外と多いようです。なぜ妊娠中に限って…?と思いがちですが、妊娠中は口内環境が悪くなりやすいため、虫歯や歯周病になりやすいのです。

筆者の場合、しょっちゅう口内炎が出来てしまい、常に口の中がトラブル状態でした。妊娠すると女性ホルモンの増加や唾液の性質が変化するので口内トラブルが起きやすい上に、つわりによって歯磨きそのものができないということがあります。

特に奥歯は、ちょっと歯ブラシが当たっただけで気持ち悪くなってしまうなど、なかなかきれいに磨ききれないことも原因のひとつです。妊娠中に親知らずが虫歯になりやすいのもそういった理由が考えられます。

妊娠中は親知らずを抜歯しても大丈夫?

親知らずの治療というのは妊娠中にかかわらず治療が難しく時間がかかるものです。生え方の問題や、隣の歯に影響が出てしまうような場合は抜歯してしまうのがよいとされますが、妊娠中はレントゲンや麻酔、痛み止めなどの服用を避けるため、なるべく抜歯をしないことが一般的です。

どうしても抜歯が必要な場合は安定期に入ってから、体調を見ながら治療法を検討します。歯科での麻酔は局所麻酔なので基本的には胎児への影響はないと言われていますが、使用量を少なくしたり、レントゲンも放射線量がわずかなものを使用するなど妊婦さんへの配慮があります。

妊娠の時期に合わせた治療法を

妊娠中の歯科治療は避けるべきという考えの妊婦さんは多いと思いますが、歯の痛みは放っておけるものではありません。

妊娠中に痛みに耐えながら過ごすのはつらいものです。歯科には妊婦さん向けの治療方法はありますから、痛みや不快感を我慢せずに受診することをおすすめします。

妊娠初期の16週くらいまでは、赤ちゃんの大切な臓器がつくられる時期なので、歯科治療は主に洗浄や消毒といった対症療法になります。

スポンサーリンク