プール熱の症状とは?治療や感染について

熱を測る子供

プールの季節になると流行することで知られるプール熱。プール熱は感染症ですが、大人にも感染するのか、感染した場合どのような治療をするのか、ということが気になるという方。

プール熱は咽頭結膜熱といい、感染すると出席停止になってしまう病気です。そのため、正しい知識の元対応する必要があります。そこで、プール熱の症状や治療法、感染についての情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

プール熱の症状とは?

アデノウイルスに感染することによって引き起こるプール熱。その症状は主に発熱がサインと言えます。38度~39度、場合によっては40度を超える熱が出ることもあるようです。

その他の症状として、喉の痛みなどの風に似た症状や、結膜炎や目の充血、目やにがでるなどといった目の異常がみられる場合、プール熱の可能性が高いと言えます。

同じ時期に流行するヘルパンギーナや溶連菌などと見分けるには、結膜炎や目の充血の有無で見極めが出来ますが、自己判断せずに速やかに小児科を受診しましょう。それぞれ治療法が異なるので、適切な治療を受ける必要があります。

プール熱が流行する時期と潜伏期間

プール熱は6月頃から徐々に感染が増え始め、7月~8月にピークを迎えます。夏に流行するイメージの強いプール熱ですが、実は冬に流行する場合もあることで知られています。

感染すると1週間ほど潜伏し、発症する場合が多いことから、感染したことに気がつくのが遅れることから、感染が広まってしまうことが考えられます。

感染を防ぐためには、症状が出始めたらすぐに小児科を受診し、先生の指示に従い治療を受けることをおすすめします。そこで気になるのが、大人への感染の有無です。

プール熱は大人にも感染するの?

子供が感染するイメージがついてプール熱ですが、実は大人にも感染することがあります。プール熱の原因となるアデノウイルスは、非常に感染しやすいことで知られており、くしゃみや咳などによって感染します。そのため、子供の看病をしているお母さんが感染することは充分考えられます。

夏になるとプールに入る機会が多い子供が、プールの水によって感染することから、子供が感染しやすいというイメージに繋がったのではと言われています。

スポンサーリンク