色でわかる?子供の精神状態とは?

絵を描く子供

子供が描く絵を見ると、それぞれ色彩感覚の違いが見受けられますよね。どんな色に偏っているかによって、実は子供の精神状態を知ることが出来ることをご存知ですか?

色には心理を表す働きがあり、特に子供の場合それが強く出ると言われています。子供が描いた絵に使われている色で、子供の悩みを知ることにも繋がります。そこで、色でわかる子供の精神状態についての情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

子供の心理が色でわかるのは何故?

小さい子供は大人に比べ、言葉で感情を伝えることが上手く出来ません。大人しくて聞き分けのいい子供も、いたずらばかりして騒がしい子供も、実は内に秘めた感情を表に出していない場合があります。

そうした我慢があると、子供は無意識のうちに精神的にストレスを抱えてしまうことも。そうした場合に子供の本心を探るには、絵を描かせることが効果的です。

絵を描く時にどんな色を使うかで、子供の心理が現れることがあります。では、具体的な色と子供の心理をみていきましょう。

黄色、緑、青

子供は楽しい時や、ワクワクしている時、または、自分を見て欲しい時などに黄色で感情を表します。

小さい子供によく使われる色で、ポジティブな印象が強い色で、お父さん、お母さん絵を描く際に使われている場合は、二人のことが大好きという気持ちを表す時にも使われます。

緑は、疲れている時、ゆっくりしたい時などに使うことが多いので、疲れているような様子が伺えたら休ませてあげましょう。

青は集中力を表す色なので、しっかりしている子供の印象が強い色です。または、落ち込んでいる時などにも使われる色でもあるので、子供の様子を見極める必要があります。

赤、ピンク

赤はエネルギーを表す色なので、元気いっぱいな子供がよく使う色です。お母さんが困ってしまうほど活発な子供などは、絵を描く時に赤をよく使う傾向にあります。

スポンサーリンク