1歳を過ぎてから与えていい飲み物&与えてはいけない飲み物

飲む赤ちゃん

離乳食が進み母乳やミルクを飲まなくなってくると、水分を摂らせるためには何を飲ませたらいいのでしょうか。

この時期の子供にとって、飲ませてもいい飲み物にはどんなものがあるのかわからずお困りの方。実は、飲ませてはいけない飲み物もあることをご存知ですか?

上の子がいるご家庭の場合、下の子も同じものを飲みたがることが多く、困っているお母さんも多いのではないでしょうか。そこで、1歳を過ぎた子供に与えていい飲み物と与えてはいけない飲み物をまとめてみました。

スポンサーリンク

1歳を過ぎてから与えていい飲み物とは?

1歳を過ぎると、母乳やミルク以外の飲み物を摂取する量が増えてきます。その際に与える飲み物としては、麦茶や水がおすすめです。

麦茶はカフェインが含まれていないものを選び、水道水でそのまま作るのではなく、お湯を沸かして作りましょう。

水道水に含まれているカルキは、赤ちゃんの胃腸にとって負担になってしまうので避けるべきといえます。となると、ジュースなどはいつからのませていいの?という疑問が湧きますよね。

では、1歳を過ぎても飲ませないほうがいいと言われている飲み物と、体への影響をみていきましょう。

牛乳を与えてはいけない理由とは?

牛乳にはリンという成分が含まれています。リンは鉄分やカルシウムの吸収の邪魔をする働きがあるため、摂取し過ぎると貧血になりやすいと言われています。

牛乳にはカルシウムが多く含まれているというイメージが強いのですが、カルシウムの吸収に必要なマグネシウムがさほど含まれていません。

スポンサーリンク