赤ちゃんの栄養足りてる?乳幼児の鉄分不足が多い理由とは?

緑色の離乳食

離乳食を作る際の注意点としては、肉や魚などの生物を使用する際には、充分加熱するということです。

最近では市販のベビーフードでも、レバーやほうれん草が入っている鉄分豊富なものが販売されているため、鉄分を補給するために利用する方も多いようです。

スポンサーリンク

牛乳の飲み過ぎで貧血に?

最近になって牛乳の飲み過ぎによる貧血が指摘されるようになっているようです。牛乳には鉄分が1リットルあたりわずが0.6mgしか含まれていません。

そのため、牛乳を毎日飲み続けると、牛乳でお腹が満たされ、ほかの食材の摂取が不足し、貧血を引き起こす可能性があると言われています。

牛乳は健康にいいと言われているため、子供に毎日飲ませているご家庭は珍しくありません。

牛乳を飲むことによって貧血になるわけではないので、牛乳を飲んだ上でしっかりと食事を摂らせていれば問題ないので、そこを意識する必要があります。

最近話題になっている牛乳の飲み過ぎによる貧血を防ぐためには、日頃の食生活で栄養をしっかり補った上で牛乳を飲むことをおすすめします。

乳幼児の鉄分不足は離乳食でサポート!

乳幼児の鉄分不足が非常に多いことから、離乳食に鉄分が豊富に含まれたメニューを取り入れることをおすすめします。

赤ちゃんの健康を守るためにも、貧血が疑われる際には市販のベビーフードや鉄分が含まれたミルクなどを積極的に取り入れましょう。そうすることで、赤ちゃんの健やかな成長に繋がります。

スポンサーリンク