夏の天敵「あせも」の原因と、赤ちゃん肌への対処方法

クリームを塗られる子供

温度や湿度の高い夏、たくさん汗をかく子どもはとてもあせもができやすいです。あせもは放っておけば治るとおもっている人が多く見受けられますが、実は、放っておいたことが原因で、他の子どもに感染する病気に発達してしまうこともあるのです。

今回は、あせもができてしまう原因と、汗をかいてもあせもを発症しないようにする予防法、そしてもしできてしまった時に覚えておきたいあせもの治し方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

あせもの原因とは

夏にできやすいあせもの原因は、もちろん「汗」です。汗は皮膚から湧き出てくるものですが、その間で汗が止まってしまい、皮膚から排出されずに汚れなどと一緒になり、腫れ上がる炎症のことをあせもと呼びます。

たとえば、夏の暑い中、通気性の悪い服を着て外遊びをしていると、汗をかいても服の中にこもってしまい、次から次へと出てくるはずの汗が出てこれなくなってしまい、あせもができてしまいます。

また、特に子どもの発症率が多い理由として、体の表面積が挙げられます。汗を分泌するポイントは大人も子供も同じ数だけなので、汗をかく量が等しく、また活発に活動することから新陳代謝が活発なことから、あせもができる環境が大人よりも多いことが理由のひとつです。

あせもの予防方法

あせもを予防するには、通気性の良い服を着ることが大前提に挙げられます。前項の通り、あせもができてしまう要因として、皮膚から汗が出てこれないことにあります。通気性の良い服を着ることによって、発汗を促進してあげることが大切です。

また、汗をかいてそのままにしてしまうと、それも皮膚が詰まってしまう要因になるので、汗をかいたらすぐにタオルなどで優しくふき取るようにしましょう。特にわきや背中には注意が必要です。時間があるときには、ボディーソープを使ってしっかり洗い流すことをお勧めします。

それから、汗はたくさんかくことをお勧めします。汗をかかなければあせもの心配がないと思う方もいますが、それは間違いです。汗の要因となる水分が体の中に滞留している方が問題ですので、汗をかく運動や食べ物に気を使うことも重要です。

できてしまったあせもの治し方

あせもには白っぽい水ぶくれのようなものと、かゆみを伴う赤いものと、2種類あります。まず水ぶくれのような白いあせもは、特にかゆみや痛みを伴わないので、自宅での保湿と、清潔に保つことですぐに改善されます。

スポンサーリンク