家の中でも危険がいっぱい!子供を守る安全対策とは

キッチンで遊ぶ赤ちゃん

赤ちゃんとお出かけしている時は、車に気を付けたりと注意を払いますが、家の中でも危険はたくさんあります。

実際に家の中での事故はとても多く、一番多いのは1歳児。心休まる家で事故がおきるなんて恐ろしいですよね。改めて安全確認をしてみませんか?簡単にできる事故防止方法をお教えします。

スポンサーリンク

場所別で見る家での危険

まずはリビング。ソファやイスによじ登って、ピョンピョン跳ねたり体を使って遊ぶのが子供は好きですよね。その拍子で倒れたり、倒れた先におもちゃがあってケガをしたりすることも多いです。

つかまり立ちをする赤ちゃんも家具の角で頭を打つなど危険があります。コンセントのコードを引っ張ったり、おもちゃを入れようとする赤ちゃんもいます。「ダメ!」と言って聞いてくれる年齢でない赤ちゃんには、親が対処をしないといけません。

さらに危険が多いキッチン。誤飲や火傷の可能性があるので注意が必要です。つかまり立ちする子は引き出しも開けることができるので、目を離すと恐いですね。

赤ちゃん、幼児期は親が考えつかないような動きをすることがあるので対策をしましょう。

キッチンは危険だらけ

火を使う場所なので、子供が近くにいると危険ですよね。キッチンはおもちゃにもよく使われるように、子供の興味を引くものがたくさんあります。そこで役に立つのがキッチンゲート。キッチンとリビングの間に突っ張って使うので、2~3歳くらいまで使えます。

ママと離れて泣いてしまうかもしれませんが、危険なキッチンに入れることを考えたらゲートがある方が安心ですよね。

筆者は位置的にゲートが置けない家なので、子供がグズグズの時に料理をしないといけない時は、ボウルやタッパーなど安全なものをオモチャとして渡して時間を稼いでいます。開け閉めに面倒ですが、引き出しは必ずロックをしておきましょう。

リビングの家具はチェック

角がある家具だと、つかまり立ちをする子がぶつけてしまうので危険です。カバーをつけたり、丸みのある家具に変えるなど対策をしてくださいね。

スポンサーリンク