子どもが喜ぶ!余ったカレーのアレンジレシピ3選

デコレーションされたカレー

カレーライスって、子どもが大好きな料理のひとつですよね。「普段そんなに食べてないよね!?」というくらいご飯をお代わりしてしまう子どももいたり、普段は前日の余り物は絶対に食べないのに、カレーライスだけは3日続けても文句を言わなかったり。どうしてこんなにカレーライスが大好きなんでしょうか。

カレーライスはありがたいことに、子どもの成長に必要な野菜をたっぷりいれられるので、たくさん食べても困ることはありません。しかも、楽チンです。ですが、お母さんとしては少しでも違った形で食べさせてあげたいと思うのではないのでしょうか。

今回は、余ったカレーをさらに美味しくアレンジできるレシピを3つご紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

食パンで簡単に作れるカレーパン

パンをおうちで作る人はすでに実践済みかもしれませんが、余ったカレーを包み込んだカレーパンは、パン屋さんで食べるのとまたちょっと違っていいですよね。

でも、パン作りは素人には難しく、発酵ってなんだろう・・というところからかと思います。そんな時に是非試していただきたいのが「食パンでカレーパン」です。食パンならコンビニに行けば手に入りますので、是非作ってみてくださいね。

材料は余ったカレー、食パン2枚、もしあればバターのみ。1枚の食パンに、たっぷりカレーをのせ、その上にもう1枚の食パンをかぶせます。中身がはみ出ないようにパン耳を切り、フォークで押して封をしてください。

そのあと、バターを熱したフライパン、もしくは電子レンジで両面に焼き目をつけ、最後に斜めにカットすれば完成です!とても簡単なので、夏バテで朝ごはんが進まないときにも便利ですよ!

カレーおにぎらずのお弁当

余ったカレーに水溶き薄力粉を混ぜながら再加熱すると、とろみがつきます。それにひき肉を加え、おにぎらずを作ってしまいましょう。

カレーライスはこぼれるのが心配でなかなかお弁当に持って行きにくいですよね。それでも、お弁当に持って行きたいなら、薄力粉を加えてとろっとろにしてしまいましょう!

スポンサーリンク