夏におすすめ!お弁当おかずのつくりおき6選

作り置きおかず

子どもが幼稚園に通いだすと、毎日必要になってくるのがお弁当ですよね。毎日お父さんのお弁当だけなら前日の余り物でも・・と考えてしまいますが、子どもはわがままなもので、できる限り別の食材をたくさん使って、成長過程に必要な栄養をしっかり入れてあげたいですよね。

そんな時に便利なのがつくりおきおかずです。夏場は夏バテや熱中症が気になるので、しっかりとおかずを充実させたい!でも、つくりおきって食中毒の心配はないの?ときになるところです。

今回は、つくりおきの際に注意したいことと合わせて、おすすめのお弁当つくりおきおかずを6つご紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

保存するときに注意したいこと

火を入れるとある程度の菌は死滅します。でも、なぜ作り置きのおかずでも食中毒を引き起こしてしまうのでしょうか。

菌の繁殖は、30度から40度の間が活発になりやすいとされています。100度くらいまで熱しても、粗熱を取るにはその温度を通過することになります。その時に菌が繁殖してしまうのです。それは高温から低温も、低温から高温も同じです。

特に夏場は、一気に加熱することと、一気に冷ますことを基本に考えましょう。冷凍保存している食材も、同様に考えてください。

また、冷蔵庫の扉は頻繁に開かないようにし、温度を適正に保ちましょう。他にも、冷蔵庫の温度を低めに設定したり、エアコンを効かせた場所で調理をすると良いでしょう。

メインのおかず3選

メインのおかずには、保存に便利な冷凍食品や、加工肉を使ってしまいがちですが、なるべくならソーセージやベーコンなどの加工肉は入れずに栄養価の高い食材を使いたいですよね。そんな時にオススメなメインのおかずを3つ、ご紹介します。

「豚しゃぶ」冷たいままでも美味しいので、お弁当にぴったりです。豚バラ肉を茹でて、別に用意したネギダレをまわしかけるだけ!

スポンサーリンク