今話題の絵本!東京大学あかちゃんラボって知ってる?

赤ちゃんと本

私はたまたまテレビを観ていた時に、この東京大学あかちゃんラボの特集を見掛けました。

「赤ちゃんが選んだ赤ちゃんのための絵本」という、何やら惹かれるキャッチコピーに「出産後初めての絵本はコレにしよう!」と妊娠中から決めていたんです。笑

書店でも目立つところに置かれていたりしているので、「これ知ってる!」という方も多いと思います。

今回は、今話題の東京大学あかちゃんラボ発の絵本について書いていきます。あくまでも私と我が子の感触でしかないので、100人中100人の赤ちゃんにハマるとは言い難いですが、ファースト絵本などの参考にしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

絵本その① 「もいもい」

「赤ちゃんの目をくぎづけにしたのはこの絵でした」もいもいにはこのようなキャッチコピーが充てられています。確かに大人が見てもすごく不思議な生き物が描かれており、赤ちゃんがくぎづけになるのがよく分かります!

もいもいという不思議な生態+親が読み上げる言葉も「もいもい」「もーいもい」「もももい もいっ」など、基本もいもいしか使われていません。簡単に読んであげられるので親も楽ちんです。

私はファースト絵本をこのもいもいにしようと決めていたのですが、有難いことに友人がもいもいの絵本を出産祝いに贈ってくれたため、「まだ早いのかな?」と思いながら我が子が産後1ヶ月くらいの時に読み聞かせをしてみました。

勿論まだ首が座っていないので、二人で仰向けになって私が絵本を持ち上げる形で読んだのですが、我が子の表情に変化はなかったものの、じーっともいもいを見つめていましたよ!

それから暫くもいもいは封印されていたのですが、生後3ヶ月くらいの時に改めて読み聞かせをしたところ、これまで見たことないくらい大爆笑しながらもいもいを見ていました。爆笑したのはそれっきりですが、「絵本を読むことが赤ちゃんにとって刺激になるんだな」と痛感しました。

これを機に赤ちゃんラボの他の絵本にも興味がわき、「うるしー」と「モイモイとキーリー」まで集めた次第です。

絵本その② 「うるしー」

「あかちゃんのだいすきな絵はおかあさんと逆でした」うるしーのキャッチコピーはこうです。

スポンサーリンク