赤ちゃんの目に目やにが出たら…。何が原因?

目をこする赤ちゃん

毎日清潔にしてあげているのに目やにが出る、目やにのせいで目が開きにくそう、など赤ちゃんの目やにが気になる方は多いと思います。

特に初めてのお子さんの場合はより一層心配になってしまいますよね。筆者である私もそうでした。そこで今回は赤ちゃんの目やにの原因やお手入れ方法、受診する目安などについてお話していきます。

スポンサーリンク

目やにってそもそもなに?なぜ目やにが出るの?

目やに自体は空気中のほこりや老廃物などが目の分泌物に混ざってできるものです。寝起きだけ目やにがでるなぁと思った経験はありませんか?

日中は瞬きをしているおかげで涙がほこりや老廃物を流してくれるので目やにが溜まらないようになっています。

赤ちゃんの場合は鼻と目の距離が近いので鼻水が逆流してしまうことがあり、もともと目やにが出やすい状態になっています。

赤ちゃんの目やにが酷くなる原因は?

赤ちゃんの目やにが酷い時は原因がいくつかあります。代表的なものについてお話していきます。

先天性鼻涙管閉塞

片目だけ特に目やにが酷い場合は先天性鼻涙管閉塞の場合があります。涙は鼻涙管を通って鼻の奥に流れていきます。

通常はお母さんのおなかにいる間に貫通するのですが、この管が貫通せず薄い膜を残したままの状態になっていることがあります。生後間もないうちから目やにが酷く目が潤んでいるようなら、産後の入院中に指摘される場合もあります。

1歳ころまでには自然に治ることが多いので、清潔を保つように心がけます。場合によっては抗生物質の目薬を使いつつ、マッサージや洗浄をして様子を見ます。治らない場合はブジーと言う細い針金を使って膜を破る処置をします。

結膜炎

結膜が炎症を起こす病気で、黄色い目やにが多いことに加えて目が充血したりまぶたが腫れることもあります。
細菌性、ウイルス性、アレルギー性の3種類あります。

ウイルス性の場合は風邪などの症状も同時に伴うことがあります。細菌性、感染性の場合は家族にも移ってしまう、または家族から赤ちゃんに移ってしまう場合があるのでタオルの共用は避け、家族全員手洗いをこまめにしましょう。

赤ちゃんには目薬をしっかりさしてあげて、手をこまめに拭いてあげるなどして常に清潔な状態が保てるようにしましょう。

スポンサーリンク