実はとっても汚い!お気に入りのぬいぐるみを洗おう!

干されたぬいぐるみ

みなさん小さな頃にお気に入りのぬいぐるみはありましたか?1歳7か月になる双子の息子たちはそれぞれお気に入りのぬいぐるみがあり、出かけるよと言うと自分で探して必ず連れてきます。

ある日鼻風邪で耳鼻科に行ったときもしっかりぬいぐるみを抱えて行ったのですが、先生にぬいぐるみはダニやハウスダスト、よだれや汗、皮脂などで汚れやすく特にダニは鼻炎や喘息のアレルギーの原因になることもあるからなるべく清潔を保ってあげて、と言われました。

確かに常に一緒にいるぬいぐるみはできる限りきれいな状態を保ってあげたいですよね。そこでこれからぬいぐるみの洗濯についてのポイントをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

洗濯表示を確認する

まず最初に洗えるのか洗濯表示を確認します。ポリエステル製などのほとんどのぬいぐるみは洗濯しても大丈夫ですが、表示がなくて洗濯方法に悩む場合はメーカーに問い合わせてください。素材によっては色落ちしたり、水洗いNGの場合もあるので、その場合はクリーニング店に相談しましょう。

自宅で洗える場合でも、型崩れをしてしまったり素材が傷むのは嫌だと言う方もクリーニング店にお願いした方がいいでしょう。

洗濯機で洗う場合

洗剤はエマールやアクロンなどのおしゃれ着用をオススメします。柔軟剤は普段通りのもので大丈夫です。

ぬいぐるみは肌に触れるものなので、赤ちゃんや敏感肌のお子さんがいて気になると言う方は無添加の肌に優しいものを使ってあげてください。

まず、服やリボンなど付属品がある場合は全て取り外し軽くブラッシングをしてほこりを取ります。次に汚れの気になる部分があれば先に固形石鹸などを使い優しく揉み洗いをするか、直接洗剤をかけておきます。洗濯ネットに入れ、洗濯機のおしゃれ着やデリケート洗いのコースを選択します。

ネットに入れる時にタオルでくるんであげると型崩れや繊維へのダメージを軽減できます。脱水は様子を見ながら軽めに10秒くらいにします。

洗濯が終わったら風通しのよい日陰に干します。吊るさずに寝かせて平干しすることで型崩れを防ぎます。何度か向きを変えながら干してまんべんなく乾かしましょう。

手洗いする場合

ぬいぐるみがおさまるサイズのバケツや桶にぬるま湯を入れて洗剤を溶かします。洗剤の容器に書いてある量を守ってください。

スポンサーリンク