子供の汗がぐっしょり!チャイルドシートの暑さ対策!

チャイルドシートで眠る子供

夏真っ盛り!エアコンなしでは生活できないレベルの暑い毎日が続いていますね。朝晩関係なくエアコンに頼りっぱなしの生活が続いていて、電気代がいくらになるんだろうとビクビクですよね。

そこで節電も兼ねて半日はショッピングセンターや支援センターなどに涼みに行っていますが、入った一瞬だけ涼しくて実はそんなに涼しくないんですよね…。私個人の考えですが、エアコンが効いた車内が1番涼しく快適な気がしています。

ですがどうやら涼しいのは運転席にいる私だけだったようで、チャイルドシートに体がしっかり固定されている双子の息子たちは涼しいどころか汗をかいていました。

そういえば去年はまだ生後半年くらいだったし、出かける時にしっかりチャイルドシートの暑さ対策をしてあげていたなと思い、改めて暑さ対策の方法を見直してみました。

スポンサーリンク

お出かけ前には車内を冷やしておく

夏場の車内温度は60度~70度にまで達し、まさにサウナ状態です。黒い車や青空駐車の車は特に暑く感じますよね。

我が家は白い車でなおかつカーポートに車を停めていますが、それでもこの暑さでは車内はドアを開けた瞬間にムワ~っと暑い空気が流れてきます。可能ならば前もってエンジンをかけて車内を冷やしておいてあげましょう。

ですが、マンションやアパートに住んでいるかたは自分の部屋から駐車場まで離れていてエンジンのかけっぱなしは不安、最近の車はアイドリングストップの機能でエンジンの停止と同時にエアコンが停止してしまうと言う方もいらっしゃると思います。

この猛暑では辛いものがありますが、ドアを何か所か開けて何度か開け閉めを繰り返し熱気を逃がしてからエアコンを付ければ効きが早くなります。

スポンサーリンク