赤ちゃんが産まれたら近所に挨拶回りしたほうがいい?粗品や手紙は必要?

赤ちゃんをベビーカーに乗せる母親

子供が産まれた時、まず気になるのは自分の住んでいる環境です。自分の家の周りでは、子供が産まれたことを挨拶した方が良いのでしょうか?

アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる場合は余計気になることですよね。赤ちゃんが産まれた後の近所の挨拶回りについてご紹介します。

スポンサーリンク

挨拶回りをするメリット

子供が産まれたことを報告するあいさつ回りのメリットは、赤ちゃんがいる家庭だということを理解してもらうということです。赤ちゃんがいる環境かどうか、周りに知らせておくということは気持ち的にも楽になるはずです。

もしも子供が夜に泣き出してしまったり、うるさくしたりするようなことがあったとしても、先に知らせてもらっていれば、ある程度許してくれるはずです。

全く報告がないよりはあった方が、周りとしては良いと感じることがあります。今までご近所付き合いがなかったという場合でも、これを機に仲良くなれることもあります。

挨拶回りをする時のマナー

挨拶回りをする時のマナーとしては、相手の都合のよさそうな時間を見計らって挨拶に行くということです。家庭環境はそれぞれだと思いますが、食事の時間帯はなるべく避けた方が良いです。相手が必ず家にいる時間で、ご飯の時間をさけた忙しくない時間を見計らってうかがうようにしましょう。

挨拶に向かう時は、何か手土産を持っていくと良いでしょう。手土産は豪華である必要はありません。あまりに高価なものを貰ってしまうと、何かお返しをしなくてはいけないと、逆に気を遣わせてしまうからです。

値段としては1000円~2000円程度の価格のものでOKです。手紙を添えた方が良いのかという意見がありますが、わざわざつける必要はないと思います。口頭で「子供が産まれたので、これからご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願いします」ということをしっかりと伝えれば、相手は理解してくれるはずです。

スポンサーリンク