いつからOK?赤ちゃんを自転車に乗せれるのは何歳から?日よけやヘルメットなど注意点は?

花を乗せた自転と親子車

赤ちゃんが成長するにつれて、スーパーに買い物に行くような機会が増えてきますね。そういった時に赤ちゃんを自転車に乗せて移動したいと思う人も多いはずです。

赤ちゃんが自転車に乗って良いのはいつごろからなのでしょうか?赤ちゃんと自転車に乗る場合のルールについてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんと自転車は首が座ったら

赤ちゃんと一緒に自転車に乗れるのはいつごろからかというと、赤ちゃんの首が座ったらOKだといわれています。しかしそれは赤ちゃんを抱っこ紐を使って背負った場合の話になります。

赤ちゃんと自転車に乗る時は必ず抱っこ紐を使っておんぶをするようにしましょう。赤ちゃんを抱っこした状態で自転車に乗るということは、禁止されています。

転んだ時のリスクを考えると、赤ちゃんが前に抱っこされているということは、とても危ないですよね。だからこそ、赤ちゃんとの自転車に関しては、背中に背負った状態にするということは、しっかりと守るようにしましょう。

そのため、首が座っていないような小さい子供を乗せて運転すると事はいけないことになります。しっかりと首が座った状態で、子供を乗せるようにしましょう。

子供乗せ用の自転車の場合は?

子供を乗せる場所が最初から付いている自転車ってありますよね。こういった場合にはいつから子供用の椅子に乗せることができるのでしょうか?メーカーによって表示は違いますが、大体9か月~10か月だといわれています。

自分で座っていることができるようになれば、前の部分に乗せることができます。そうなれば抱っこ紐を使わなくてもよくなります。

また子供乗せ用の自転車に上の子を乗せるような場合は、下の子をおんぶする形で乗ることができますよ。しかし子供2人乗せ自転車の場合はもう1人背負って乗せることはできませんので、注意しましょう。

子供のヘルメットは必要?

子供と一緒に自転車に乗る時、ヘルメットについてはどうしていますか?実際には着用努力義務と道路交通法に記されています。子供にヘルメットを着用させないことで、違法扱いとなり罰金を取られたり警察に捕まったりするようなことはありません。

スポンサーリンク