離乳食に問題がある?赤ちゃんのおならが臭い原因と対処法

鼻をつまむ赤ちゃん

離乳食やミルクしかとっていない赤ちゃんのおならが臭いと、親としては心配になってしまいますよね。子供のおならが臭い原因は、食事の内容がいけないのでしょうか?赤ちゃんのおならが臭くなる原因と、その対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんのおならはあまり臭くない

赤ちゃんがおならをするということは、健康的な証拠です。赤ちゃんは人間のようにうまく空気を外へと排出することができないので、おならとして外に出すことがとても多いです。そのため、赤ちゃんがおならをするということは、普通のことなのです。

しかし、その赤ちゃんのおならというのは、あまり臭くないのが一般的です。人間のように色々な食事を取っていないにもかかわらずおならが臭くなるというのは、何か問題があるのではないか?と考えてしまいますよね。

大人でもおならが臭くなることがありますが、そのほとんどが腸や食べ物が原因になります。赤ちゃんのおならが臭くなる原因は何なのでしょうか?

赤ちゃんのおならが臭い原因

赤ちゃんのおならが臭くなる原因の1つは、腸内機能が成長しているということです。赤ちゃんはこの1分1秒の間にもすくすくと成長しています。それは腸も同じです。腸が成長したことにより、便の水気が少なくなり、腸内にとどまる時間が長くなっていきます。

だんだんと腸に便をたくさんため込むことができるようになるので、便が臭くなってしまうことがあります。このように腸の中に便が留まる時間や量が多ければ多いほど、便は臭くなるので、便秘が原因となっていることもあります。何日も出ていないのであれば、便秘を疑ってみると良いでしょう。

おならが臭いからと言って、離乳食に問題があるというケースは、あまりありません。子供が食べられる物をあげていれば、特に問題なく消化されます。

しかし、ミルクから離乳食に切り替える時のタイミングによっては、おならが臭く感じてしまうことがあります。ミルクから離乳食へ、離乳食から普通の食事へと切り替えていくと、腸に留まる時間も量も増えていくことになります。そのためおならがくさくなってしまうことがあります。

赤ちゃんのおならが臭い時の対処法は?

赤ちゃんのおならが臭い時には、まず腸内になる便の排出を促してあげる必要があります。赤ちゃんの便秘解消マッサージとして、優しくお腹をマッサージするという方法があります。

スポンサーリンク