父親が単身赴任で寂しくて泣く…。会えないことで子供に与える影響は?

父親に抱き付く子供たち

仕事の関係で父親と離れて暮らさなくてはいけない家庭ってありますよね。父親が単身赴任の家庭では、子供に寂しい思いをさせているのではないかと不安になることもあると思います。

子供が父親に会えないで暮らすことで、与えてしまう影響とはどんなことがあるのでしょうか?父親が単身赴任による影響についてご紹介します。

スポンサーリンク

父親の単身赴任が与える影響【1】ストレスになる

子供が小さい場合、父親という存在はとても大きなものです。普段からとても仲が良い家庭であればあるほど、離れて暮らす時間というのはとても寂しく感じてしまいます。子供が大好きな父親に会えないということは、ストレスの原因になってしまいます。

少なくとも子供に我慢をさせているので、子供の精神面に影響が出てしまうのは当たり前のことです。子供に父親と会いたい気持ちを我慢させるというのは、成長に必要な我慢とは言えません。そのため子供にとってストレスに感じやすくなります。

父親の単身赴任が与える影響【2】母親の影響を受けやすい

父親が単身赴任の家庭は、子供が母親の影響を受けやすく育つという影響があります。父親が単身赴任だということは、母親が1人で子育てをしなくてはいけない時間が増えていきます。

その時間を楽しむことができていればいいのですが、1人でいっぱいになってしまって子供にもその余裕のなさが伝わってしまうと、子供に気を遣わせることが多くなります。

自分では一生懸命にやっているつもりでも、子供の前で笑顔が少なくなったり、遊ぶ時間が少なくなったりすると、子供はそういった空気を察知して気を遣うようになります。

反対に父親と会えなくてかわいそうだと思い、子供を甘やかしてしまうような母親もいます。そうなると子供は母親に甘えてばかりになり、わがままな性格になりやすくなります。

スポンサーリンク