赤ちゃんのドライヤーはいつから大丈夫?影響は?嫌がって泣くときの対処法は?

ドライヤーをする赤ちゃん

赤ちゃんにおふろを入れた後、髪が濡れたままでは風邪を引いてしまうのではないか?と心配になる親御さんは少なくないはずです。しかしドライヤーの熱が熱いせいで子供にダメージを与えてしまうのではないかと悩んでしまいますよね。

赤ちゃんにはドライヤーは必要なのでしょうか?赤ちゃんがドライヤーを使う影響や嫌がる時の対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんがドライヤーを使う上での影響

赤ちゃんの頭皮というものは、大人の頭皮よりもデリケートです。そのため、基本的には赤ちゃんと言われる年齢の場合は、ドライヤーは使わない方が良いです。大人にとっては大丈夫だと感じる温度の風でも、子供にとっては火傷の原因になってしまうことがあります。

子供の頭皮は大変デリケートで弱く、傷つきやすいのでドライヤーによって頭皮がダメージを受けてしまうことがあります。

子供の髪にわざわざドライヤーを使う必要はありませんので、できれば自然燥や水分でタオルをしっかりと拭き取ってあげるようにしましょう。

赤ちゃんにドライヤーを使う注意点

赤ちゃんにドライヤーを使う場合の注意点は、赤ちゃんの年齢よりも毛量で決めることが重要になります。子供にとってドライヤーがダメージになってしまうこともありますが、子供によっては小さくても髪の量が多い子供もいます。

そういった子供はなかなか自然乾燥やタオルドライだけでは乾ききらないということもあります。そういった場合に、補助としてドライヤーを使っても大丈夫になります。

しかし、小さいうちの赤ちゃんは、じっとすることができません。そうすると頭皮以外の部分にドライヤーが当たってしまうことなどを考えると非常に危なくなります。

こういったことがだんだんと少なくなってくる時期に、補助としてドライヤーを使っていくことをおすすめします。あくまで乾いていない部分に軽くドライヤーをかける程度にしましょう。

スポンサーリンク