うるさいと苦情がこないためにしておくべき赤ちゃんの泣き声の防音対策

泣く赤ちゃん

赤ちゃんが産まれると、夜泣きに悩まされることがありますよね。集合住宅に住んでいる場合は、子供の泣き声で近所に迷惑をかけてしまっているのではないかと、心配になることもありますよね。

子供の夜泣き対策として、どんな防音対策があるのでしょうか?賃貸でもできる防音対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

まずは挨拶回りして了承を得る

赤ちゃんの夜泣きというものは、誰もが経験することであり、お互い様だと思う人がとても多いです。近所に迷惑をかけるとしても、はじめに周りに挨拶回りに行っておいた方が良いでしょう。子供が産まれたということから近所の人に報告しておけば、ある程度の泣き声は許してくれるはずです。

さらに挨拶と一緒に手土産を持っていけば、少しうるさいと感じても許してあげようという気持ちが増してくるはずです。まずは周りに話しておくということが、迷惑を軽減させる第一歩になります。

泣き声の防音対策【1】家具を壁に寄せる

泣き声の対策として、隣の家とつながっている壁に、家具を寄せるという方法があります。音というのは、壁から伝わって隣に聞こえていきます。この時に壁に吸収される音を少なくすれば、泣き声は軽減されることになります。

相手との境目に当たる壁に、なるべく大きめの家具を置くことによって、壁から吸収される音が軽減されることになります。

たくさん壁が家具で埋まっていればいるほど防音効果が高いので、これを機に模様替えをするという方法がおすすめです。

泣き声の防音対策【2】防音壁やシートを張る

泣き声の対策として、簡単できる防音壁や防音シートを利用するという方法です。賃貸ではなかなか壁に細工をすることができないと思っている人も多いですが、シートや壁も使うことができます。防音シートの場合は、壁に傷がつかないようにマスキングテープを張ってから防音シートを張るようにしましょう。

防音壁はオリジナルのサイズで作ることができるので、自分の部屋に置くことができるサイズの防音壁を注文することをおすすめします。

スポンサーリンク