赤ちゃんがママを認識しはじめるのはいつ頃?完ミの影響はある?

赤ちゃんに顔を近づける母親

赤ちゃんが成長してくると、いつから自分のことを認識してくれるのか、気になる部分ではありますよね。赤ちゃんがママと認識する時期はいつなのでしょうか?

さらに赤ちゃんがママだと認識する時間の差には、何か理由があるのでしょうか?赤ちゃんがママをママだと認識する時期についてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんがママを認識する時期

赤ちゃんがズバリママをママだと認識する時期は、実は生まれてすぐだといわれています。とはいっても、まだこの頃はママをママだと認識しているというサインを出すことはありません。

赤ちゃんは輪郭だけでママだと認識してるようで、顔を覆ってしまうことで認識はできなくなってしまうようです。

その後しっかりとママだと認識するようになるには、生後半年くらいだといわれています。この頃には顔を認識する力がしっかりと養われるようになるので、この頃にはママの顔がはっきりとわかり、人見知りというものが出てくるようになります。

赤ちゃんはどこでママを判別している?

赤ちゃんはママの顔と匂い、そして声で認識しています。声に関して赤ちゃんはお腹の中にいる時からママの声を聴き始めます。お腹の中で成長しているにつれて、聴力が発達しますが、その中でももっとも鮮明に聞こえてくるのが、ママの声だそうです。

匂いに関してはミルクの匂いが挙げられます。ママのミルクと他の人のミルクの匂いというのは、違いが分かるようになります。よくミルクで育てているママのことは認識しにくいのではないか?と言われますが、それはこれが関係しています。

子供はしっかりと匂いでママかどうかを判別することはできますが、それによってママだと認識することができなくなるということはありません。

スポンサーリンク