いつから?邪魔じゃない?産婦人科への旦那の付き添いについて

妊婦の夫婦

妊娠中に定期的に受ける妊婦健診ですが、近頃では旦那さんが付き添っている姿を目にすることも多いのではないでしょうか。母になることを身をもって感じることが出来る女性とは異なり、男性は中々父親になるという自覚を持ちにくいもの。

お腹の子の成長をエコーを通じてお母さんと一緒に見守っていけるという点でも、旦那さんの付き添いはとても良いことだと思います。

しかし、旦那さんの付き添いが問題視されているのも事実です。今回はそんな産婦人科の旦那さんの付き添いについてお話します。

スポンサーリンク

待合室の椅子に、、、

産婦人科には妊婦健診は勿論、妊婦健診以外で受診している患者さんが沢山いるので混み合っていることが多く、その為待ち時間が長くかかってしまうことも。

そんな中、受診する訳でもない旦那さんが待合室の椅子にドッシリと座って、他の妊婦さんや患者さんに席を譲らないというケースが問題視されています。

混み合っていないのであれば椅子に座って待っていても問題は無いのですが、その際に足を思いっきり広げて座っていたり、携帯電話をいじりながら待っていたりと、マナーの悪さが目立っていることがあります。女性ばかりの産婦人科では、ただでさえ男性の姿は目に留まりやすいので態度についても、より気をつける必要があります。

また、椅子に持ってきた荷物を置いて占領していたり、連れてきた子どもを放置していたりといった姿を目にするといった声も多く聞きます。

産婦人科=女性 というイメージを強く持っている女性だと、そもそも旦那さんの付き添い自体に嫌悪感を抱く人や疑問視する人もいるようです。

スポンサーリンク