妊娠中に飛行機に乗っても大丈夫?胎児への影響は?

空港に居る妊婦

妊娠中は何が起こるか分からないので、出来る限り飛行機には乗りたくないと考える人は多いかもしれません。しかし近年、産前旅行として夫婦で海外旅行に行くために飛行機に乗る人や、海外でマタニティフォトを撮影する人、里帰り出産などでやむを得ず飛行機に乗らなければいけない人などが増えています。

そもそも妊娠中に飛行機に乗っても大丈夫なのでしょうか。今回は妊娠中に飛行機に乗ることについてお話したいと思います。

スポンサーリンク

いつからいつまで乗れるの?

妊娠中に飛行機に搭乗することで気になるのは、気圧の変化やエコノミー症候群、気流の関係で大きく揺れたり、長い間座席に着席していなければいけなかったりと、母体に負担をかける場面が多々あることです。

ただママの健康やお腹の赤ちゃんに特に問題が無い場合、妊娠5ヶ月〜妊娠7ヶ月(安定期)の間であれば比較的大丈夫と言われています。どうしても飛行機を利用しなければいけない時や里帰り出産などはこの時期に検討することをおすすめします。

胎児への影響は?

結論から言うと、前述した時期に飛行機に搭乗するのであれば、お腹の赤ちゃんには特に影響は無いと言われています。しかし、妊娠初期は早期流産の危険性が高いため、またつわりの影響も大きいことがあるため搭乗することは避けなければいけません。

その他妊娠後期になると早期出産のリスクが高くなってくるため、35週目以降の飛行機の搭乗は原則として医師の同意書が必要となります。里帰りなどは遅くても予定日の28日前までには行うようにしましょう。

海外旅行に行く場合に気をつけておくこと

妊娠中に海外旅行を計画している人の場合、国内よりも特に注意が必要となります。まずは医師に相談し、許可を貰うことが前提です。

海外だからと言って油断せずに、母子手帳と保険証は必ず持参するようにしましょう。旅行先で万が一何かあった時のために、事前に受診出来る産院を調べておくと安心です。特に日本人医師がいるとより安心ですね。

慣れない海外では、食べ物や飲み物には注意するようにしましょう。海外の水が合わなくてお腹を壊してしまったり、食べ慣れないものを食べて体調を崩してしまったりというケースはよく耳にします。妊娠中は特にデリケートになっているので気を付けましょう。

スポンサーリンク