いつからいつまで熱中する?子供がぬいぐるみを離さず持ち歩く心理は?

ぬいぐるみを抱きしめる子供

よく小さい子供がぬいぐるみを肌身離さずに持ち歩く姿を見たことがありませんか?これは「移行対象」といって、正常な成長過程だったりします。

また、ぬいぐるみだけではなく、タオルだったり毛布だったりする場合もあります。アニメの世界だと、スヌーピーで有名なアニメに登場するライナスが、毛布を離さずに持ち歩いていますよね。

ちなみに我が子は赤ちゃんの頃から使っていたタオルが離せませんでした…。お母さんからすると、いつまで持ち歩くのだろう?あまり長引くと良くないのかな?など、不安になるかと思います。

今回は、なぜぬいぐるみを離さず持ち歩くのか紹介します。

スポンサーリンク

ぬいぐるみを離さないのはなぜ?移行対象とは?

移行対象とは、赤ちゃんの頃はお母さんと一心同体のように過ごしていたのが、成長するにつれ母子分離していく中で、愛着を持つものがある場合を移行対象といいます。これは、不安を感じたりした時に心のよりどころになるためで、正常なことです。

赤ちゃんの頃は、親、特にお母さんが自分の身の回りのお世話をしてくれる上に、抱っこして欲しい時や不快な感情を解消してくれるため、愛着を感じます。しかし、成長していくとダメと言われたりして躾も始まるし、自我も芽生えたりでお母さんと自分は別なんだと理解し始めます。

そんな成長の中でも、不安に感じたりするときもある訳で、そんな時にお母さんのような安心感を与えてくれるものを移行対象にして安心感を得ることが多いです。

移行対象となるものは個人差がありますが、ぬいぐるみやタオル、毛布が多いのは、触ったり口にした時の感触が、お母さんの肌やおっぱいに似ているからだとされています。

ぬいぐるみに熱中するのは、いつからいつまで?

移行対象となるものに熱中はじまるのは、ハイハイやつかまり立ちなどが始まる生後半年〜1歳の間が多いです。

今までは、あまり動くことができず、泣いて欲求を満たしてもらっていたのが、自分で動けるようになったり、お母さんへの愛着がつき、人見知りや後追いが始まる時期のためです。

逆にいつまで続くのかというと、2歳〜3歳くらいまでが多いとされています。

スポンサーリンク