赤ちゃんが飛行機のポーズをするのはなぜ?何か理由があるの?

うつ伏せの赤ちゃん

赤ちゃんがうつ伏せの状態から、手と足を離して飛行機のポーズをする時がありますね。ご機嫌でやっているのを見ると、とっても可愛いですね!

なぜこのようなポーズをとるのか?意味があるの?と思うかもしれません。飛行機のポーズをする赤ちゃんの時期などについてご紹介します。

スポンサーリンク

飛行機のポーズって?いつ頃から?

赤ちゃんの飛行機のポーズは、お腹を軸にして手と足を床から離してバランスをとる姿勢です。このポーズは、寝返りをしてハイハイをする前あたりの赤ちゃんがする場合が多いです。時期で言うと、だいたい生後5~6ヶ月頃です。やり始めるのが早い子や遅い子など個人差があります。

そして飛行機のポーズをやらない赤ちゃんもいるので、「うちの子は飛行機のポーズをやらない!」と焦らなくても大丈夫です。飛行機のポーズはとっても可愛くて、思わず写真を撮りたくなりますね。

教えてもいないのに、急に飛行機のポーズをやるようになって驚くママさんもいると思いますが、このポーズには実は良い効果があるんですよ。

飛行機のポーズにはどんな効果がある?

赤ちゃんは初めの頃ゴロンと寝た状態のままですが、腹筋がついてくると寝返りを始めます。腹筋がついてくるとバランスを取るために、背筋が発達してくるようになります。

赤ちゃんは初めのうちは、うつ伏せ状態で手をつかって頭を支えていますよね。そして次第に手と足を浮かせてバランスをとり、飛行機のポーズとなります。両足を持ち上げるということは、骨盤の筋力が発達し、腕を離してバタバタと動かしているということは、胸部の筋力も発達している事になります。

両手両足を浮かせることによって、背筋も鍛えることになり、体中の筋肉を鍛えていることになります。フニャフニャの赤ちゃんだったのに、あっという間にすごい成長をしているんですね。

赤ちゃんが飛行機のポーズを始める理由は?

ではどうして赤ちゃんは飛行機のポーズを始めるのでしょうか?飛行機のポーズは、早い子だとだいたい4ヶ月頃からやり始めます。赤ちゃんの体は、その頃から伸ばす筋肉が優勢になり、このようなポーズを起こします。

スポンサーリンク