赤ちゃんがよじ登りや伝い歩きを始めるのはいつから?練習する必要はある?

つかまり立ちする赤ちゃん

赤ちゃんの首が座って、寝返りをしてお座りをして、ハイハイの後につかまり立ち!赤ちゃんの成長はあっという間ですよね。伝い歩きから歩き始め、よじ登りをするのまであと一歩です。

伝い歩きはいつ頃から始めるのか?歩く練習はさせる方がいいのか?ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

伝い歩きとは?いつから始まる?

伝い歩きは、つかまり立ちをしている状態で、手をついている場所からカニ歩きのように左右に歩くことです。伝い歩きが始まる頃は、両足を開いて片足をひきずったような状態のまま移動しています。慣れてくると片手を離してみたり、片足を上げた状態になったり、歩くスピードが速くなります。

赤ちゃんが伝い歩きを始める時期は、だいたい生後10ヶ月頃です。個人差があり、生後7ヶ月頃から始める子もいれば、1歳を超えてからの子もいます。伝い歩きをするには、つかまり立ちをする必要があるので、足腰の筋肉がつき、バランス感覚も養われていることが条件となります。

好奇心旺盛な子は、大人と同じ目線に立ちたがるので、早く立とうとする子も多いです。

よじ登りをするのはいつから?

こちらもだいたい生後10ヶ月~1歳頃です。階段やソファに両手をついて、片足を登る場所に掛けて、手と腰の力でよじ登ります。

一度できるようになるとイスや段ボールなど、足がかかる場所ならどこでも登ろうとするので注意が必要です。よじ登りをする前に、一人歩きを始める赤ちゃんもいます。

「順番が違う!」と焦らなくて大丈夫。一人歩きできる筋力がついているという事なので、心配することはありません。よじ登りをしたはいいものの、赤ちゃんは降りることができません。

スポンサーリンク