何だかすっぱい匂いが…。赤ちゃんの足が臭い原因や対処法

赤ちゃんの足

みなさん、赤ちゃんの匂いと聞くと、どんな匂いを想像するでしょうか?赤ちゃんの匂いって、ミルクの匂いとかするイメージが強く、大人みたいに汗臭かったり、足などが臭うこととは無縁だと思いませんか?

でも、子育て経験者のお母さんなら分かるはず。赤ちゃんでも足が大人並みに臭い時があることを…。ちなみに我が子は酸っぱい臭いがしました。酢ダコのような臭いと言えば分かるかもしれません。

赤ちゃんが臭いと、ミルクや離乳食がいけないのか、病気なのかと不安になりますよね。今回は、赤ちゃんの足が臭いときの原因と対処法を紹介します!

スポンサーリンク

赤ちゃんの足が臭い原因は?

大人はよく、靴下や靴を長時間履くことで蒸れてしまい、臭くなることが多いですよね。でも赤ちゃんは、靴下や靴を履いたりしているわけではないのに、なぜ臭いを発するのでしょうか?

まず、赤ちゃんはあんな小さな身体ですが、生まれた時から大人と同じ数の汗腺があります。特に手足に集中しているため、身体より手足の方が汗をかきやすくなるわけですね。

さらに赤ちゃんは、大人に比べて新陳代謝が活発です。よく赤ちゃんの衣類の枚数は、大人より1枚少なめにと言いますが、理由は新陳代謝が良く汗をかきやすいためですよね。しかし、汗腺の量が多く汗をかきやすいからと言って、汗自体が臭いわけではありません。

赤ちゃんは絶えず古い角質が剥がれては新しい皮膚が出来ます。そんな中、汗をたくさんかくので、古い角質と汗が混ざり合い、雑菌が繁殖してしまうと、あの独特な酸っぱい臭いがするようになるんです。

赤ちゃんは寝ている時間が多く、布団などで足が蒸れてしまうのも原因の1つとなります。また、生後3ヶ月ころまでは皮脂の分泌量も多いです。皮脂も汗と混ざり合うと雑菌が増え、臭いの原因となります。

足が臭い場合の対処法はあるの?

汗が臭いなら困りものですが、臭いの原因が汗ではなく雑菌のため、足を清潔に保ち、雑菌が増えないようにするのが1番の対処法となります。まずはお風呂の時は、足の裏はもちろん、足の指の間などを丁寧に洗うようにしましょう。

よく赤ちゃんは指をギュッとしていたりで、指の間を洗うのが面倒になりがち。でも、そうすると雑菌が増えていく原因になっていくので、しっかり洗うようにしておくのがオススメです。

スポンサーリンク