赤ちゃんが舌打ちした!その理由は?

舌を出した赤ちゃん

何をしても可愛い赤ちゃん。目に入れても痛くないくらい可愛いと思うお母さんは多いはず。そんな可愛い赤ちゃんが、いきなり舌打ちをした!

大人だと、舌打ちはイライラした時などにするものなので、初めて舌打ちを聞いたらショックだったりしますよね…。でも、赤ちゃんの場合は、イライラしているわけではなくて、別な理由がちゃんとあるので安心してくださいね♪今回は、赤ちゃんの舌打ちについて紹介します!

スポンサーリンク

赤ちゃんが舌打ちをする時期はいつから?

生まれてからの赤ちゃんは、最初は無意識に口に運ばれたものを吸ったり押し出したりという原始反射によって口や舌を動かしますが、だんだんと自分の意思で動かせるようになります。

しかし自分の意思で動かせるようになっても、最初は舌の出し入れや、口の周りを舐めるなどの簡単な動きしか出来ません。そのため、舌打ちをするようになるのは、生後4ヶ月〜5ヶ月頃となります。

舌打ちの理由:お腹が空いている、クセになっている

赤ちゃんは生まれてから離乳食が始まるまではずっと、母乳やミルクだけを飲んでいます。この頃の赤ちゃんは、お腹がすくと口をおっぱいに吸い付く形にして「チュッチュ」と音を鳴らしたりします。

離乳食が始まってもお腹がすくと口を鳴らすことがあるため、舌打ちをしているように聞こえたりします。

舌打ちの理由:遊んでいる

赤ちゃんは、生まれてから色々なことを試しながら覚えていきます。自分の手足でさえ、口に運んで舐めたりして存在を知ったり、物を掴んでみて指を動かす練習をしたり。

もちろん、口の動作も、声を出したり舌を動かして覚えていきます。そのため、舌打ちをしているかのように感じてしまったりします。

スポンサーリンク