子供はいつからやきもちをやく?パパや兄弟に嫉妬する赤ちゃんの心理

不満な表情の赤ちゃん

普段の生活でお父さんとお母さんが会話をしたり、赤ちゃんの兄弟のお世話をすることは当たり前ですが、そんな時に赤ちゃんが泣いて抱っこをせがんできたりすること、ありませんか?

また、お母さんが他人の赤ちゃんを抱っこしたりあやしていたりする時も、ぐずり出すこともあるかと思います。いわゆる「やきもち」ですが、2、3歳の子供がお母さんにやきもちを妬くならまだしも、赤ちゃんまでやきもちを妬くのは何故なのでしょうか?今回は、赤ちゃんがやきもちを妬く理由と対処法を紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんがやきもちを妬くのはいつから?

いくら赤ちゃんといっても、新生児の頃や、生まれて数ヶ月の間は、やきもちを妬くことは少ないです。この時期に泣くのはお腹が空いた、かまってほしいなどの欲求を満たして欲しいため。では、いつから明らかなやきもちとして泣いたりグズったりし始めるのでしょうか?

月齢としては、だいたい生後6ヶ月〜1歳の間くらいからとなります。個人差があるため幅が広いですが、自分と他人の区別が出来るようになり始める時期がこの頃だからです。

やきもちの他に、後追いや人見知りもこの時期から始まったりしますね。自分と他人、信頼してるお母さんの区別がついて来たからというのが理由で、成長の証ともいえますね!

赤ちゃんがやきもちを妬く心理

子供だったり大人でも、色々な場面でやきもちを妬くことはよくある事ですが、何故赤ちゃんという、こんな小さい頃からやきもちを妬くのでしょうか?それは赤ちゃんにとって、お母さんという存在が絶対的で、もっとも信頼している人だからこそです。

赤ちゃんは生まれた時から人にお世話をしてもらわないと生きていけませんね。そのために、泣いて欲求を訴えます。

その訴えに答えてくれるのはだいたいがお母さんであり、お母さんは自分のしてほしいことを理解して満たしてくれる。このことの繰り返しで信頼関係ができて来ます。

最初の頃は、自分とお母さんは一心同体と思っていますが、徐々に自分とお母さんは別人なんだと理解していきます。それと同時に、もっとお母さんにかまって欲しいなどの欲求も現れるようになります。

そんな絶対的な存在のお母さんが、自分以外の人と仲良くしたり、話したりしていると、私たち大人が想像も出来ないくらいのショックを感じてしまうんですね。

スポンサーリンク