赤ちゃんの目にゴミやまつげが入った時の対処法は?取り方教えます!

目をこする赤ちゃん

赤ちゃんを育てている中で、「あっ目にゴミが…」と思ったこと、ありませんか?よく見ると、結構な頻度でゴミが入っていたりするときもあります。もちろん、赤ちゃんのまつ毛が入っていることも。

小さいゴミやホコリのような物など、あの小さい目に入っていると取ってあげたくなりますよね。でも、赤ちゃんの扱いって難しいのに、目のゴミの取り方なんて、どうすればいいんだろうと悩んだりすることもあるかと思います。

今回は、赤ちゃんの目にゴミが入ったときの対処法を紹介します!

スポンサーリンク

赤ちゃんの目にゴミが入りやすい理由は?

赤ちゃんが目にゴミが入りやすい理由はいくつかあります。1つ目は、赤ちゃんはまつ毛が少ないからです。

通常、大人だと上まつ毛だけで100〜150本、長さ6ミリくらいのまつ毛が生えています。しかし、赤ちゃんはまつ毛が生え揃っていなく少ないため、本来ゴミをガードしてくれるのに、ダイレクトに入ってきてしまいます。

2つ目は、赤ちゃんは大人に比べて、まばたきの回数が少ないためです。赤ちゃんは大人の半分以下しか、まばたきをしないそうです。

大人はピントを合わせるためにまばたきをしますが、赤ちゃんは機能が未発達のため、目を開けたままピントを合わせるので、回数が減るんです。そうなると自然にゴミが入りやすい状態になるわけですね。

そして3つ目は、脅迫反射と呼ばれる反射機能が未発達のためです。普通、目の前にものが近づいたり、ゴミが入りそうになるとまばたきをして防ごうとします。

でも、赤ちゃんは生後2ヶ月〜3ヶ月頃にならないとこの反射はしないそうです。だからゴミが入りやすいんです。

目の中に入ったゴミの取り方

赤ちゃんの目にゴミが入っているからといって、大人の指で取ろうとしてはいけません。指には想像以上に雑菌が潜んでいます。また、無理に取ろうとすると角膜を傷つけてしまいます。

スポンサーリンク