いつから子供はでんぐり返しできる?首は大丈夫?教え方は?

芝生に転がる子供たち

子供は成長するにつれて色々な遊びや運動を覚えていくことになります。その中でも子供にでんぐり返しはいつごろからさせてもいいのでしょうか?

あまりに早すぎると、子供の体に危険が及んでしまいそうで、心配ですよね。子供にでんぐり返しを教える方法と、タイミングについてご紹介します。

スポンサーリンク

でんぐり返しに興味を持つのは3歳前後

子供がでんぐり返しに興味を持つようになるのは、3歳前後だといわれています。この頃になるとだいぶ足腰も丈夫になり、遊びたい盛りになりますよね。この頃になると何となく床で丸くなってみたり、四つん這いになってみたりと色々な遊びを楽しむようになってきます。

こういった行動が増えていくことで、でんぐり返しに繋がっていくともいえます。しかしでんぐり返しは特に難易度が高いので興味を持つのが3歳前後でも、それから練習期間が続きやっと回れるようになってきます。

目安として3歳前後ではありますが、これよりも早く興味を持つこともありますし、もう少し遅くなることもあります。

小さい子供にでんぐり返しは大丈夫?

子供にでんぐり返しをさせて気になることというと、首が大丈夫かどうかということですよね。子供にとってでんぐり返しをするということはリスクが高いのではないかと思ってしまうこともあります。

回っている途中で体制を崩してしまって、首を痛めてしまうことも出てきます。さらに失敗すると顔を強打することも考えられます。でんぐり返しというのは確かにリスクが高いのですが、子供が興味を持ってやっている場合はなかなかやめさせることはできません。

そういった場合は親が教えてあげる必要があります。 でんぐり返しを正しく教えてあげることで、子供は正しい危険回避能力を身につけることができます。生活しているうえで転びそうになった時に、正しく手をつくことで顔から落下する危険が少なくなります。

でんぐり返しをさせることは悪い事ではないでの、正しい方法で教えてあげるようにしましょう。

子供にでんぐり返しを教える方法

子供にでんぐり返しを教えていくためには、まずは手の付き方から教えてあげる必要があります。手の付き方を間違えると、回ることもできませんし、危険な方法で回ってしまう可能性があります。

スポンサーリンク