赤ちゃんが手を握り返す理由は?反射なら手を握って寝るのはなぜ?

指を握る赤ちゃんの手

赤ちゃんが小さいうちに手を出すと握り返してくれる、そういった経験をしたことはありませんか?まだ物を認識していないような赤ちゃんが、なぜそういった行動に出るのか不思議に感じていますよね。

赤ちゃんが手を握り返したり、握ったまま寝るのにはどういう言った理由があるのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが手を握り返す理由

赤ちゃんが手を握り返してくる理由は、原始反射というものが原因となっています。原子反射とは、赤ちゃんが無意識に行っているものになります。赤ちゃんは本能的に何かをぎゅっと握り返したり、何かに吸い付いたりしています。

これは赤ちゃんが成長していく上で必要な機能になります。そのため小さい頃には誰もが指を差し出しても握ってくれるという特徴があります。

この原始反射には個人差があり、たくさん反応を示す子供もいれば、あまり目立った反射をしないという子供もいます。手を握り返してくれないからと言って、心配する必要はありませんよ。

さらに寝ている時にもぎゅっと握っている赤ちゃんがほとんどですよね。これは筋肉が発達していないせいで起こっています。そのため赤ちゃんにとってはこの手を握っている状態が普通の状態になるのです。

赤ちゃんが握り返してくるのはいつごろから?

赤ちゃんが自分の手を握り返してくれるということはとてもかわいいですよね。実際に赤ちゃんの原始反射はどれくらいからスタートするのでしょうか?

赤ちゃんが手を握り返してくれる反応は、大体新生児の頃から始まります。手を握り返すという反応については生後4ヶ月頃までには消失するといわれています。しかし、同様の動きを足でも行っています。

足の場合はもう少し時期が遅く、1歳頃までは続いていくといわれています。手や足の指に何かが触れた時にそれを握ろうと思う反射的な反応になります。

スポンサーリンク