赤ちゃんが手をグーにする理由は?手を握ったり開いたりするのにも意味はある?

赤ちゃんとお母さんの手

赤ちゃんは常に手をグーにしている印象はありませんか?赤ちゃんの手はなぜグーの状態なのか、気になったことはありませんか?

赤ちゃんには小さい頃から本能がたくさん備わっていますが、その影響なのかどうか気になる部分もありますよね。赤ちゃんが手をグーにしたり、開いたり閉じたりする理由についてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが手をグーにする理由

赤ちゃんが手をグーの状態にしていることが多いのには、どういった理由があるのでしょうか?赤ちゃんは小さい頃は手の筋肉が備わっていません。私たちにとってはパーの状態でいることが当たり前なのですが、赤ちゃんにとっては実は違います。

まだ筋肉の発達していない赤ちゃんにとっては、グーの状態にしていることが正常な状態だといわれています。パーにする力がまだできていないので、赤ちゃんは常に手をグーの状態にしているといわれています。

そういった行動は新生児の頃にしか見られないので、一部では幸せを握っているのではないか?といわれているようです。生まれてすぐの時期だからこそ、こういった名称が付くこともわかりますよね。

赤ちゃんがグーの状態で寝ていることは実は普通のことなのです。

赤ちゃんが手を握り返すのは?

赤ちゃんは確かに手をグーの状態していることがとても多いです。しかし、その手に指を添えると、それでも赤ちゃんはぎゅっと握り返してくれますよね。これにはどういった意味があるのでしょうか?

実はこの赤ちゃんが手を握り返すという行動は、赤ちゃんに元々備わっている本能的な反射なのです。赤ちゃんは何かが手の近くに来ると、それを把握するために握り返します。

その反応によって握り返すという反応が起こるということなのです。見ている側からするととてもかわいいのですが、実は本能的な物で指だという認識はまだありません。

スポンサーリンク