子供はいつから手洗いうがいができる?教え方は?赤ちゃんのうがいの代わりは?

手洗いする子供

雑菌から身を守るために必要なことは、手洗いうがいです。子供にはぜひとも習慣化させたいですよね。

子供が自分で手洗いうがいをできるようになるのはいつ頃なのでしょうか?さらに赤ちゃんの頃は手洗いうがいをどうやって乗り越えればいいのでしょうか?子供の手洗いうがいについてご紹介します。

スポンサーリンク

手洗いうがいは幼稚園くらいから

子供にとってとても大切な事は、手洗いうがいをすることです。子供は大人よりも外でたくさん歩き回り、色々なものに触れています。さらに免疫力が大人よりも低いので、色々な菌に感染しやすい特徴もあります。

そういった子供を病気から守るためにも、手洗いうがいを習慣化させる必要があります。外から帰ってきた時や、ご飯の前に至っては、なるべく習慣化させてあげたいですよね。

こういった手洗いうがいが自分でできるようになるのは大体幼稚園くらいだといわれています。幼稚園の中で教わるということもありますが、ママにいわれたことをだんだんと自分でできるようになる時期でもあります。

この頃までにしっかりと手洗いうがいをできるような癖付けをしていくことが大切になります。小さい頃からしっかりと手洗いうがいを教えてあげるようにしましょう。

子供に手洗いうがいを覚えさせるには

子供に自分で手洗いうがいをするように覚えさせるには、根気強く親が教えていく必要があります。子供は自分で勝手に覚えていくというのはなかなか難しいので、まずは親がお手本を見せてあげるというところから始まります。

まずは手の洗い方をしっかりと見せてあげましょう。子供の高さに合わせて、手洗いの様子を見せてあげるというところから始めてみましょう。そうすることで子供は手洗いうがいに対して興味を持つようになります。

子供は段々と親の真似をしたいという気持ちが働いてくるので、こういった行為を見せていくことで自分もやりたいと感じて次第に覚えていくことになります。

スポンサーリンク