子供がジャンプをできるようになるのはいつから?できない時の教え方は?

ジャンプする子供たち

子供には楽しい時間をたくさん過ごして貰いたい、そう思う親は多いですよね。子供が楽しく遊んでいる時に、ジャンプをしながら遊ぶ子供もいます。

子供がジャンプをできるようになるにはどれくらい時間がかかるのでしょうか?子供がジャンプをするために親がすべきことについてご紹介します。

スポンサーリンク

子供がジャンプを覚える時期とは?

子供がジャンプを覚え始める時期は大体2歳前後だといわれています。1歳前後で自分の力で立って歩くことができるようになり、ここから子供の身体能力は目まぐるしい変化をしていくことになります。

その進化の過程で、自分の体全身を使って遊ぶジャンプという行動を覚えていくことになります。子供がジャンプをすると足腰を丈夫にし、瞬発力や身体の柔軟性も向上させる効果があります。

子供にとって簡単にできる遊びでもあり、運動でもあります。特に音楽などを聴いた時に飛び跳ねる遊びを覚えていくことになります。

バランス感覚が養われていく2歳前後でできるようになる子供が多いようです。更にジャンプには飛び跳ねるという行為もありますが、飛び降りるという行為もあります。こちらの方が難易度は高くなりますが、実際には同じくらいの時期にできるようになる子供が多いようです。

あまり高くないような部分から飛び降りることで、瞬発力を育てることができます。正面から飛び降りることが怖くても、後ろ向きになって飛び降りることもできるようになってきます。

子供にジャンプを教える方法

子供がジャンプをできないからと言って、あせる必要はありません。子供には個人差があるので、差が出てしまうということは仕方ない事なのです。それでもできるだけ自分でやれる遊びを増やしてあげたいと思いますよね。

そういった時はまず自分と同じくらいの子供が、ジャンプしている様子を見せてあげるということが効果的になります。特に教育番組の中では、ジャンプしながら遊んでいる様子がよく放送されています。

スポンサーリンク