赤ちゃんの潜水反射について徹底解説!

潜水する赤ちゃん

赤ちゃんには様々な反射運動があります。原始反射の中には赤ちゃんの命を守るものがたくさんあります。潜水反射もその1つになります。

赤ちゃんの体に現れる潜水反射とは、一体どういったものなのでしょうか?潜水反射について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

潜水反射とは?

潜水反射とは、顔に水が触れた時に息を止めて水の侵入を防ぐ原始反射のことを言います。通常私達は水の中で息を止めるということは、スイミングや学校、親に教わって初めて実践するものですよね。

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんには、自分の命を守る能力が備わっているため、その1つとして水が触れたら息を止めるという反射が備わっているのです。

潜水反射というものは、赤ちゃんが万が一水の中に入って鼻や口から水が入ってしまったとしても、本能的に声門という部分を閉じることによって水が肺などに侵入することを防ぐことができるのです。

赤ちゃんは顔を水の中に付けることで、顔を下に向けるようになっています。さらに自然と心拍数を減らし、血液の流れをコントロールすることもできます。

潜水反射はいつからいつまで?

潜水反射というものは、赤ちゃんが産まれたころから赤ちゃんの体に備わっているといわれています。赤ちゃんは生まれたころから赤ちゃんの体に備わっている機能になります。

そして、赤ちゃんの潜水反射は生後4ヶ月~6ヶ月頃にはなくなるものだといわれています。この頃には赤ちゃんを水に入れても大丈夫だという認識の人が多いですが、あまりお勧めはできません。

赤ちゃんは息を止めて水を防ぐことができたとしても、水を飲んでしまうことで水中毒になってしまう可能性があるからです。

スポンサーリンク