赤ちゃんが階段をよじ登のはいつから?登らせないための対策は?

階段を登る赤ちゃん

活発に動くようになってくる赤ちゃんに、ひやひやしてしまう事ってありますよね。特に階段がある家に住んでいる人は、赤ちゃんが階段に上ってけがをしてしまわないか、心配になると思います。

赤ちゃんが階段に上るようになるのはいつ頃なのでしょうか?赤ちゃんに階段を上らせないようにするための対策をご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが階段を上るのはいつから?

一戸建てに住んでいる人やメゾネットの家に住んでいる人にとって、赤ちゃんと階段は心配の種になること間違いなしですよね。赤ちゃんは一体どれくらいから階段を上るようになるのでしょうか?

一般的に考えると、赤ちゃんが歩くようになってからだと思っている人が多いです。しかし、実際に赤ちゃんは歩くことができない時期から階段を上ろうとするのです。

赤ちゃんの場合、はいはいができるようになった段階で、階段に興味を持つ頃になります。色々な場所に行けるようになった子供にとって、階段は未知の世界であり、上ってみたいという気持ちが大きくなっていきます。

赤ちゃんは四つん這いの状態でも階段を上ることができます。つかまり立ちが始まるようになる前の段階で、階段を登ろうとする子供が多いです。

まだ歩かないから大丈夫だと思っていたとしても、実際にはそれよりも前から対策を練っていかなくてはいけないということなのです。

赤ちゃんの階段の上り下りの練習とは?

赤ちゃんにとって階段は気になる場所ではありますが、階段がある家に住んでいるのであれば、ある程度階段になれる練習を踏んでいかなくてはいけません。

赤ちゃんにとって上るという行為はそれほどむずかしいとかんじていないことが多いので、早い段階から四つん這いで上がろうとします。

スポンサーリンク